VMware だと GUI でクローン作成が可能だが、VirtualBox では今のところそのような機能はないので、手動でクローンを作成する必要がある。

vbox_logo
 

以下に(自己流の)クローンを作成する手順を示す。

スポンサーリンク

仮想マシンのクローン作成手順

  1. 新規仮想マシンの作成
    まずは、普通に新規作成を選択し、以下の ”仮想ハードディスク”  選択画面まで進める。
    vbox_clone01

  2. クローンハードディスクの作成
    次に、コマンドラインからコピーしたい仮想マシンのハードディスクを、上で作成した新規仮想マシンのディレクトリ配下へコピーする。
    コピーは、 VBoxManage clonehd コマンドを使う。
    $ VBoxManage clonehd localdisk01.vdi ../<VirtualMachine>/localdisk01.vdi
    0%...10%...20%...30%...40%...50%...60%...70%...80%...90%...100%
    Clone hard disk created in format 'VDI'. UUID: f05a5035-604a-4244-bc0e-9819cd718592
    $						

    ※<VirutualMachine>には、作成した仮想マシンの名前が入る

  3. 仮想ハードディスクの選択
    ”仮想ハードディスク”  選択画面に戻り、「既存のハードディスクの使用」ボタンをクリックし、上でコピーしたハードディスクを指定する。
    vbox_clone02


この後はそのまま進めて作成完了する。
作成後の仮想マシン起動後は、「ホスト名(コンピュータ名)」と「IPアドレス」変更を忘れずに!


【確認環境】

  • Mac OS X Snow Leopard 10.6.7
  • VirtualBox 4.0.8


スポンサーリンク