xmarks_logo
Screen shot: www.xmrarks.com

Xmarks を利用した複数ブラウザ間のブックマーク同期方法を書いておきますね〜。


Xmarks はわたしももう数年使ってて、結構有名ですかね。でも、同期するタイミングによっては削除したのに残っていたりとか、追加したはずなのに消えていたりとかがあります。


また、Xmarks は有料のプレミアムユーザーになることで、iOS や Android での同期もできますが、直接デフォルトブラウザのブックマークにはインポートされないなど制約があるので、パソコンのブラウザ間の同期のみと割り切った方が良いです。


iOS 間とのブックマーク同期は iCloud を使うなど、また別の仕組みを使ったほうが良いでしょう。


それでは、導入方法から基本的な使い方を見てみます。


Xmarks 導入方法


Internet Explorer(IE) と Safari は専用ソフトをインストール

IE と Safari は専用の Xmarksソフトウェアをインストールします。Xmarksのサイト http://download.xmarks.com/download/all からダウンロードしてインストールしましょう。

インストール自体で困るようなところはありません。しかし、Xmarksを利用するにはアカウント登録が必要ですので登録しましょう。(一度どれかのブラウザで登録すればOK)


Chrome と Firefox は拡張機能で導入

Chrome と Firefox は拡張機能(アドオン)で導入できるので、さらに簡単です。上の Xmarksダウンロードサイトからこちらも導入できます。

IE, Safari 導入時に記載したように、アカウントを作成していなければ新たに作成する必要があります。作成済みの場合は、そのアカウントとパスワードでログオンしましょう。


同期方法のコツ

Xmarks の同期方法は、以下3つがあります。

  • Merge
  • Upload
  • Download

何も指定しなくても、デフォルトでは Merge(マージ)でブックマークはどんどん同期されていきます。


しかし、Merge は基本的に手元のブックマークを残しながら他のブラウザで発生したブックマークの変更を取り入れていくという方法なので、「全部きっちり同じブックマークにしたいんだけど!」という場合にはあまり良い方法ではありません


この場合は、Upload と Download を利用するようにしましょう。


Upload は手元のブックマークを変更し、他のブックマーク状況も合わせてその情報をすべてのブックマークに送りたいときに使います。なので、変更後は Upload を使います。


Download は Upload の逆で、他のブラウザでブックマークを変更して Upload された情報をきっちり手元のブックマークに反映させたいときに使います。しかし、Upload されていない情報はバッサリ削除されてしまうので気をつけましょう。


Upload / Downlod 同期の方法

きっちり同期させたいときは、手動で Upload / Download を実行するようにします。この同期は 詳細(Advance) 画面で実行します。


それぞれのブラウザでの 詳細(Advance) 画面の呼び出し方法は以下です。(IE以外は、Macでの実行方法です。) 呼び出すと、Upload と Download のボタンがあり、あとはそれをクリックするだけです。


Internet Explorer (IE)

プログラムから"Xmarks for IE"を起動。右下の Advanced... をクリックします。
Xmarks_IE

Xmarks_IE02 


Safari

システム環境設定から"Xmarks for Safari"を選択。Advanced タブを選択します。
xmarks05
 

Chrome

ブラウザの右上に Xmarksのボタンが現れているはずですので、これをクリックして Xmarks Settings を開きます。そして、Advanced タブを選択します。
xmarks01

xmarks02
 

Firefox

上のメニューから「ツール」⇒「Xmarks」⇒「設定」を開きます。そして、詳細 タブを選択します。
xmarks03

xmarks04
 


以上です! 同期がイマイチ上手くいかんなぁー という方は、Upload と Download を使うことできれいな同期状態を保つことができます。


これで、快適なブラウジングライフを過ごしましょう!


スポンサーリンク