windows_live_mail_logo

Windows 7 では、これまでの Windows に標準で存在した Outlook Express や Windowsメールが存在しないですね。


今はインターネットメールもスマホを始めとするモバイルでの確認が便利だったり、ウェブブラウザでのメール確認もできますが、やはり Windows 専用のアプリケーションでゆっくりメールチェックをしたいものです。


Windows 7 では、あとから Windows Live メール というメールを導入できます。

※もちろん無料 (フリー) です!


Windows Live メールを使えば、マイクロソフトの Outlookメール (旧 Hotmail) だけではなく、Gmail や他のプロバイダのメールもそこで確認できます

複数アカウントのチェックも便利です!


ここでは、その Windows Live メールのインストール方法を記載します。


スポンサーリンク

Windows Live メールの導入方法

まず、左下の「スタートボタン」から、「はじめに」⇒「Windows Live」とクリックしていきます。

windows_livemail_01

すると、Windows Essentials (旧名: おすすめぱっく) のサイトに移りますので、右側にある「今すぐダウンロード」をクリックします。

windows_livemail_02

ファイルを実行するか保存するか尋ねてきますので、「実行」をクリックします。

windows_livemail_03

インストールするプログラムの選択画面に移ります。ここでは、「Windows Essentials をすべてインストールする」でも良いのですが、Windows Live メールだけをインストールしたいので、その下の「インストールする製品の選択」をクリックします。

windows_livemail_04

メール」だけをチェックして「インストール」をクリックします。

windows_livemail_05

インストールが開始され、完了画面が出てくればインストールは終了です!

windows_livemail_07

インストール後はスタートボタンからのプログラム一覧に表示されますので、ここから起動できます。

windows_livemail_08

最初の起動時は、Windows Live メールのサービス規約が表示されますので、「承諾」をクリックすれば起動完了です。

windows_livemail_09

以上で、インストールから起動まで完了です!


このあとは、確認したいメールアカウントを登録して行きましょう!


スポンサーリンク