Osx icloud docs title

みなさん、iCloud 使っていますか〜?  複数デバイス間で同期をするのに便利だし、iCloud 上にデータを置くことで iPhone や iPad の使用容量を節約することができるし、得することだらけです!


iCloud の機能にはいくつかありますが、「書類とデータ」には iCloud に対応しているアプリ経由で任意のファイルやデータが置かれます


代表的な Apple 製のアプリでは、Keynote, Pages, Numbers などの文書を保存できます。また、Mac のプレビューやテキストエディットの保存先でも iCloud を選択できます。また、知らないところでアプリが勝手に何かを保存しているときもあります。 汗)


このアプリ経由で iCloud に保存されると、iPhone/iPad/Mac といった Apple 製品端末から、または www.icloud.com からでも同じ文書を参照でき、変更もすぐ反映されるので非常に便利です。 iCloud に保存した「書類とデータ」は、その保存したアプリから削除するのが基本ですが、今どんなデータが保管されているのか そこから不要なデータを一度に削除したい! という時もありますよね!


そんなときは、以下の方法で iOS (iPhone/iPad) と OS X (Mac) から閲覧と削除が可能です。


Photo: www.apple.com

スポンサーリンク

iOS (iPhone/iPad) から iCloud の「書類とデータ」を閲覧・削除する方法

設定」アプリを開き、「iCloud」⇒「容量」とタップしていきます。

Osx icloud docs 05

容量画面の「ストレージを管理」をタップします。

Osx icloud docs 06

以下画面のように、「書類およびデータ」セクションの箇所に iCloud を使用しているアプリ名が載ってきます。

Osx icloud docs 08

アプリ名をタップすると、さらにその詳細が確認できます。右上の「編集」をタップすることで、個別にファイルを削除するか、すべてを削除するかを選択できます。

Osx icloud docs 09

OS X (Mac) から iCloud の「書類とデータ」を閲覧・削除する方法

システム環境設定」から「iCloud」を開きます。

Osx settings

右下の「管理...」をクリックします。

Osx icloud docus 01

以下のような画面となり、バックアップ / フォトライブラリ / メール 以外が「書類とデータ」部分に保存されているデータになります。以下例では、「Keynote」「ドラゴンクエスト」「Preview」のアプリが使用しています。

Osx icloud docs 02

アプリ名を選択して「書類とデータを削除」をクリックすると、そのアプリで利用しているデータがすべて削除されます。iOS (iPhone/iPad) からのように、詳細を確認してひとつひとつ削除することはできません。

Osx icloud docs 03

あとがき

「いま、どんなデータが iCloud に入っているのかな〜」とか、「ちょっと iCloud の容量厳しくなってきたし削除すんべ」というときはこの方法でバスッと確認・削除をしてしまいましょう!






スポンサーリンク