notifications
Photo: android.com

Android 4.x には、通知バーがありますよね。


iPhone (iOS) の通知センターと同じように、上からツツツーとなぞると通知の一覧が出てくるあれです。


サクッと Nexus 7 を Android 4.2 (Jelly Bean) にアップデート して色々と触って、いつものように通知バーを下げてみました。


すると、Android 4.1.x の通知バーの一番下には、Wi-Fi の接続先ネットワーク名が出てきてたのですが、その表示がなくなっています。


「なんだ、あれ便利だったのになぁ。なんでなくなってるんじゃい。」と思いながら、色々と触っていると・・・ 出てきたんです。その情報が。もうひとつ横の通知バーから


その操作方法を、以下に説明します。


スポンサーリンク

Nexus 7 + Android 4.2 で通知バーを表示する

なんにも難しいことはありません。以下のように ① と ② の箇所でそれぞれ ツツツーっとなぞってみます

android42_notifications_01

① をなぞると、以下の様な通知バーが現れます。

android42_notifications_02

これは、今までとほとんど変わりないですよね。インストール済みのアプリからを中心とした通知が表示されます。


② をなぞると、以下の様な通知バーが現れます。

android42_notifications_03

「おお! 設定ボタンが出てきてるぞ!!!」


これは、便利です。項目をタップすると、設定アプリに飛びます。Wi-Fi ネットワークがどれにつながっているかもここですぐわかるし、項目に該当する設定がすぐ起動されて表示されるので、ここからそれぞれの設定の 「ON ↔ OFF」もカンタンです。


なんだよ、教えてくれよ Google先生! アップデートでこんなかゆいところに手が届く的な更新をしていたとは。


Android の通知バーは、iOS の通知センターのマネじゃないか言われており、それは確かにそうかなー と思うのですが、こんな便利になってくれるなら別にいいですよね・・・


スポンサーリンク