maps_howto_1

Google Maps。はい、モバイルのマップアプリではもう最強のうちのひとつです。


ここでは基本的な操作方法のひとつとして、マップ (地図) の拡大表示と縮小表示する方法を紹介します。

※ iPhone版、Android版どちらも同じ動作で操作できます。


Google Maps (Version 1.0) App
カテゴリ: ナビゲーション
価格: 無料 (記事公開時)

マップ (Version 端末により異なります) google-play_logo
カテゴリ: 旅行&地域  価格: 無料 (記事公開時)


スポンサーリンク

マップを拡大表示する方法

3つの方法があります。


まず 1つ目。2本の指でピンチアウトしましょう。ピンチアウトとは、2本の指を画面に乗せてその指の間隔を広げていく動作です。

maps_howto_01

2つ目。1本指で 2回連続ダブルタップしましょう。ダブルタップとは、2回連続で画面を叩く動作です。

maps_howto_02

3つ目。1本指で ダブルタップ (2回連続叩く) したあとに、指を画面にくっつけたまま上の方にスーーーッと動かしましょう

maps_howto_03

最大限にすぐ拡大したい場合は、2つ目の方法でひたすら連続で画面をタップし続けると便利です。また、拡大の度合いを調整して表示したいときは、1つ目と 3つ目どちらでも OK ですが、3つ目を覚えてしまうと結構便利すぎて 1つ目はめんどくさくなってしまう可能性大です。


マップを縮小表示する方法

これも 3つの方法があります。


まず 1つ目。2本の指でピンチインしましょう。ピンチインとはピンチアウトの逆で、2本の指を画面に乗せてその指の間隔を狭めていく動作です。

maps_howto_04

2つ目。2本指で同時に 1回タップしましょう。

maps_howto_05

3つ目。1本指で 2回ダブルタップしたあとに、指を画面にくっつけたまま下の方にスーーーッと動かしましょう

maps_howto_06-1

これは縮小する度合いによりますが、1つ目か 3つ目だと縮小幅が大きい場合、指が画面からはみ出してしまう可能性大です。そんなときは、2つ目である程度希望の縮小サイズにして、1つ目か 3つ目で微調整という使い方が便利です。


あとがき

幾つか方法があるんですね〜。そのときによって使いこなして、Google Maps をガンガン使い倒していきましょう!




スポンサーリンク