iphone_typing_image

iPhone でタイピング (文字の入力) をするときに、「ちょっとメンドクサイな~」と思うときありますよね。キーボードは小さいし、数字入力へ切り替えなければいけないときもあるし...


でも、入力がラクになる小技 (Tips) というのが iPhone には幾つかか存在します。今回はその Tips をご紹介します。


スポンサーリンク

1.『.com』や『.co.jp』を一撃入力

これは、メールアドレスを入力するときに良く入力する文字列のひとつですよね。まぁ、でも毎回となるとなかなかメンドクサイです。


これらを一発で入力するには、入力したいところで、『.』 (ピリオド) を長押しします。

iphone_typing_01

すると! .com や .co.jp などの一覧が出てきます。

iphone_typing_02

そのままスベらせて、入力したい文字列のところで指を離しましょう。バスっと入力されます。メールアドレスやサイトURL の入力に便利です。


2. 数字 1文字をカンタン入力

アルファベットから数字への入力は数字のキーボードに変更する必要があります。そして、数字を打ち終わったら今度はアルファベットのキーボードに変更してまた打ち込む...


「めんどくさいいいぃぃぃぃ!」 そういうときは、1文字ならカンタンに入力可能です。アルファベットキーボードの時に左下の数字ボタンを押して、指を画面にくっつけたまま入力したい数字までスベらせます

iphone_typing_03
       ↓
iphone_typing_04

そして入力したい数字の上で指を離します。そうすると、数字が入力されてアルファベットキーボードの画面に自動で戻ります。

iphone_typing_05

アルファベットキーボードの画面に自動で戻ってくれるので、切り替える手間がなくなります。これはかなり便利です!


3. 上矢印ダブルタップで連続大文字入力

大文字 1文字は、上矢印キーをタップしてアルファベットを入力すれば OK ですね。でも、大文字を 2文字以上連続で入力したいときもあるんです。そうなんです。


そういうときは、上矢印キーをダブルタップ (2回連続押し) をしてからアルファベットを打ちましょう。

iphone_typing_07

4. 振って直前の入力をキャンセル

「間違って入力してしまったあああぁぁぁぁぁ!」まぁ、そんなことよくあることですが、iPhone だといちいち削除していくのもちょっとメンドウ...


そんなときは、手首を使って iPhone をサッと振りましょう。入力キャンセルがポップアップで表示されるので、「取り消す - 入力」をタップすればキャンセル (削除) できます。

iphone_typing_08

あくまで "手首" を使ってサッと振りましょう。腕を使ってブゥンと振ってしまうと、気がついたら隣の人が鼻血を出しているかもしれません...


5. フリックでの母音同一文字 連続入力

iPhone の日本語入力は、もっぱらフリック入力です。キーボード型の入力では両手使うし、ちょっと狭いですしね。


フリック非常に便利なんですが、困るのは母音が "あ" となる文字 ("あ"、"か"、"さ"、"た"... とかの文字です) を 2回連続で入力するときです。"あ" を2文字連続で入力しようとして 2回タップすると "い" になっちゃうし。


そんなときは、こうしましょう。1回めは普通に "あ" をタップして入力します。次は "あ" をタップして指を画面に抑えたまま 右、上、左、下 どちらかにそのままずらして、また戻して指を離します。

iphone_typing_14

指を離したときに "あ" が入力されて、連続入力ができました。

iphone_typing_15

3回以上入力するときも、『押してずらして戻して指を離す』動作を繰り返せばドンドン同じ文字を入力できます。


6. 辞書を使ってタイピング数を減らす

よーく利用する同じ語句や文章は、辞書に登録して少しだけの文字の入力で済ませるようにしてしまいましょう。


辞書に語句を登録するには、「設定」アプリから「一般」⇒「キーボード」⇒「ユーザー辞書」をタップします。

iphone_typing_09

次の画面で、右上のiphone_typing_mark_01マークをタップします。

iphone_typing_10

"単語" に表示させたい語句を打ち込みます。ここでは例としてちょっとビジネス的な『大変お世話になっております。いかがお過ごしでしょうか。』と長い文章を打ち込んでみました。"よみ" はキーボードから入力する文字列です。できるだけ短く、連想できる単語にします。ここでは『おせ』の 2文字にします。

iphone_typing_11

このように入力しておくと、入力時に『おせ』と打つと候補の中に『大変お世話になっております…』と先ほど打ち込んだ文章が表示されますので、これを選択すればながーーーい文章もさらっと入力できてしまいます。

iphone_typing_12
     
iphone_typing_13

あいさつや得意の決まり文句など良く使う定型文は、辞書を使って登録してしまいましょう。


7. キーボードの切り替えをサクッと行う

"日本語かな" 入力から "English(US)" へ、あるいは "絵文字" など切り替えるには左下のiphone_typing_earthマークをタップしていきますよね。


でも、結構この切り替えがメンドウです。タップしすぎて行き過ぎたらまたタップしていかないと... そんなときは、このiphone_typing_earthマークを長押ししてしまいましょう。登録しているキーボードの一覧がでてきますので、それを選択すれば一撃で切り替えたいキーボードに移動できます。

iphone_typing_99

8. Bluetooth Keyboard を使う

普通のハードウェアキーボードのタイピングに慣れてしまっていて、「ソフトウェアキーボード打ちずれえええぇぇぇぇ」という方もいるでしょう。


そんなとき、特に長い文章を打つときは Bluetooth Keyboard を使ってしまいましょう。最近は、2つ折りキーボードなどもあり持ち運び便利になっています。


Bluetooth Keyboard を使う方法は以下を参考にしてください。

【iPad/iPhone】Bluetoothキーボードを接続して使用する方法 | C-through the Mac


9. 音声入力を使う

もはやタイピングではなくなっていますがwww


入力を快適にというところでは、音声入力も十分使えます。最近のような寒くて指をだしてられない外出時などは、重宝します。


音声入力を行う方法、便利に利用する方法は以下記事が参考になると思います。

【Mac/iPhone/iPad】音声入力で文章を作成するときに使える言葉集 | C-through the Mac


あとがき

上で紹介した方法はかなり使えるものばかりで、わたしもいつもバスバス使って iPhone で文字入力しています。


覚えておいて損はないです。おすすめですよ〜




スポンサーリンク