googlekeep
  Photo: play.google.com

Google が、Google Keep というサービスをリリースしました! Google Keep とはカンタンにメモを作成でき、インターネットを通して保存・他デバイスと同期して利用できるサービスです。


現在のところ、Google Keep は以下からアクセスすることができます。


Android デバイスからの操作は、専用のアプリをインストールします。

Google Keep (Version 1.0.77) google-play_logo
カテゴリ: 仕事効率化 価格: 無料 (記事公開時)



Google Keep のホームページからは、Google アカウントを持っていればすぐに利用することができます。


スポンサーリンク

Google Keep で何ができるのか?

Google Keep は、メモ作成・閲覧サービスです。例えば、メモをちょっと作成してあとで確認する用途であれば、以下のように何にでも使えます。

  • ウェブ上で気になった記事の保存
  • 買いたいものリスト作成
  • 旅行先で撮った写真の記録 ....

こういうメモ記録系サービスは、あとのことはあまり考えず「思いついたことをとりあえず記録する」というように使ったほうが長く便利に使えます。文字、音声、写真で記録できるものであれば、用途は人それぞれと言ってもよいでしょう。

googlekeep_intro_01

世間的な認知度・機能から見て、一番有名なオンライン・メモ記録サービスは、 Evernote でしょう。Microsoft の OneNote など、他にも幾つかあります。


ここでは、代表的なメモ記録サービスである Evernote との違いを少し見ていきます。


Google Keep でできなくて、Evernote でできること

Evernote は日本語版のサービスが開始されてから、既に 3年経っています。そのため、Evernote でできることのほうが断然多いです。


Google Keep にできなくて、Evernote でできる主なサービス・機能としては以下があります。

  1. 画像以外に PDF, Office 文書の保存・閲覧が可能
  2. ノートブックとタグ付けによるメモの選別が可能
  3. iOS (iPhone, iPad) の専用アプリがある ...

Google Keep は残念ながら、今のところ文字と音声を除くと保存できるファイル形式は jpeg, png, gif しかなく、サイズは 10MB までです。Evernote はファイル形式に制限なしで、無料アカウントでも 1ノートあたり最大 25MB まで保存できます。


Google Keep は、Evernote のノートブックやタグのような情報を整理する機能がありません。メモを色分けすることはできますが、確認した限り「黄色だけのノートを表示させる」といった使い方はできませんでした。


Google Keep は iOS 用のアプリがありません... そのうち他の Google アプリと同様にリリースされると思いますが、iPhone 持ちとしてはこれがリリースされるまでは本格的に使うことができないかな... という感じです。(Safari などのブラウザからアクセスすることはできます。)


これらは主な機能だけで、Evernote のほうが機能が豊富で使い勝手が非常によく、まだ気軽に「Evernote ではなく Google Keep のほう使っちゃおうかな」と考えるまでもいかないですねぇ。でも、Google さんのことですから、今後の機能追加に期待大です!


Google Keep でできて、Evernote にできないこと

Google Keep でできて、Evernote にできないことはほとんどありません。


でも、ひとつだけ「やっぱり優秀だなぁ、使いやすいなぁ」と思ったのは、検索 です。


少し試した限りでは、検索結果の表示は速く快適です。また通常の Google 検索と同じように、検索語句を入力して決定をする前に検索結果が表示されるので、目的のメモが見つかったらすぐに見ることができます。

googlekeep_intro_02

あとがき

ちょっと調べて不明だった点は、合計でどれぐらいの容量まで保存できるのかというところです。


Google Drive と連携しているようなので (メモを作成しても、Google Drive からは見えないようですが...) 、それであれば容量は 5GB までということかもしれません。有料にすれば増えるとはいえ、気軽にメモを記録していくサービスだと容量を気にせず使いたいところですね。


まだリリースされただけということもあり、機能としては不十分ですが今後徐々に拡張されていくでしょう! そして、iOS 版アプリもリリースされるはず...   今後が楽しみです!




スポンサーリンク