medium_4379574834
  photo credit: PKMousie via photopin cc

iPhone を水の中に落とす... もう、あるあるのようなシチュエーションですが、これは iPhone を使い続けていく上で起きてはならない / 起こしたくないことのひとつです。


...と言っても、落としてしまうんですよね。わたしも iPhone ではなくガラケーなんですが、これまで 2回トイレに落としたことがあります。1回目は、残念ながら 2度と使えるようになることはありませんでした。しかし、2回目はまったく問題なく復活し、今も何事もなかったかのように使えています。


そんな体験から得たものも含め、iPhone (スマホやガラケーでも同じです) を水の中に落としてしまったあと、復活させるためにやるべきことをまとめました。


スポンサーリンク

1. 何はともあれ、ウルトラ迅速に iPhone を水の中から取り出す

これが非常に大事です。というか、これがすべて と言っても言い過ぎではないでしょう。

medium_4378833431

泥水の中に落ちようが、便器の中に落ちようが、iPhone を壊したくなければ、落ちたと思った瞬間にソッコーで水の中から取り出しましょう。


ときに、汚い水の中へ手を突っ込むことになるかもしれません。でも、iPhone が壊れるよりマシです。いっときの恥や汚さなんてどうでもいいんです。何の躊躇もせず、水の中に手を突っ込み iPhone を取り出しましょう。


2. 電源を切る

iPhone の電源を オフ ります。取り出したらすぐに、電源ボタンを押して電源を切りましょう。

IMG_1666

ここで、「電源オフもなにも画面まっくらで何にも動かないんだけど」という場合はすでにご臨終の可能性が高いのですが、その場合は次の対処へ移ります。電源ボタンが効くようになった時点で、電源オフ をするようにしましょう。


3. ケースから取り外す

ケースにも水が付いたままで、それが iPhone に侵入してきたら元も子もありません。ケースから iPhone を取り外しましょう。

medium_5383549792
  photo credit: Linh H. Nguyen via photopin cc

ディスプレイの保護シートについては、水に落としたことで iPhone のディスプレイとの間に水滴が侵入している場合は、すぐにはがしましょう。そのような状態でなければ、そのままでも OK です。


イヤホンや USB端子に何か接続していた場合は、このタイミングで外しておきましょう。


4. 乾いた吸水性のある布で水分をふき取る

乾いた布で、iPhone 全体をふいて水分を取り除きます。

medium_3523211649
  photo credit: photobunny via photopin cc

タオルとか、布きんとかあれば良いですが、なければ Tシャツでも靴下でも良いので水分をふき取りましょう。


5. 綿棒を使って端子に入っている水分をふき取る

イヤホンジャックや USB端子は水分をふき取るのが難しいです。そういう個所は、綿棒を使って丁寧に水分を取り除きます。

membou
  photo credit: kevinthoule via photopin cc

...と言っても、外出中で落としたりすると綿棒なんてないですよねー。そういうときは、ボールペンのような細いものに Tシャツなどの布を巻きつけて、丁寧に取っていきましょう。


6. お米を入れたジップロックに iPhone を入れて 3日以上放置する

水分を iPhone から完全に吸い取るために、まず小さいジップロックにお米 (もちろん炊く前のですよ!) を入れます。

medium_5317801982
  photo credit: Lisa Norwood via photopin cc

そして、その中に iPhone が埋没するように入れて放置しておきます。放置の日にちは、どれぐらい濡れたかによりますが、3日ぐらいは置いておきたいところです。これで完全に水分が除去されるでしょう!


7. iPhone に水分が侵入したかどうかをチェック!

「それでも動かねぇ...」 というときは、iPhone の中に水分が侵入したのかどうかをチェックしましょう。


iPhone には、水にぬれたかどうかがわかる "インジケータ" というものが付いています。iPhone 内部まで水に濡れてしまうと、このインジケータが赤色になってしまいます。

iPhone and iPod:水濡れによる損傷は保証対象外


これが赤色だと、もうあきらめるしかないです。無償交換は無理かなと... 


この状況で動かなければ交換しかないです。交換にどれぐらいお金がかかるかは、どんな保証に入っているかで違ってきます。とりあえず、Apple Store か販売代理店 (au または SoftBank) にもっていって相談するのが良いでしょう。


あとがき

iPhone が水没してしまったときの対処は、「どれだけ濡れている時間を短くするか (早く水の中から取り出すか)」「どれだけ早く水分をしっかりふき取るか」にかかってきます。


ですので、落としてしまう前にどうするのかというのを知っておくのが肝心ですね!そうすれば、iPhone は必ず復活しますよー


参考: osxdaily.com
スポンサーリンク