windows8_start_program_title

Windows 8 を使っていて「ちょっと不便だなー」と感じる点は、デスクトップ画面とスタート画面 (Windows 8 モード) の切り替えが意図せず発生してしまうところです。


デスクトップ画面でほとんど作業をする場合は、これをできるだけ起きないようにしたいものです。


でも、発生するんです... よく使うアプリで。そう、フォトビューアです。


写真や画像を開くと、Windows 8 モードのフォトビューアがデフォルトで起動してしまいます。これはちょっと面倒なので、このデフォルトで起動するアプリを変更します。


スポンサーリンク

Windows 8 写真・画像のデフォルト起動アプリの変更方法

開きたい写真を右クリックします。そこから「プログラムから開く」⇒「既定のプログラムの選択」を選んでクリックします。

windows8_start_program_01

ファイルを開くアプリケーションの選択画面が表示されます。ここで、上の「すべての .xxx ファイルをこのアプリに使う」にチェックされていることを確認して、開きたいアプリケーションを選択しましょう。

windows8_start_program_02

設定はこれだけです! 次からは、同じ拡張子のファイルを開くと選択したアプリケーションが起動するようになります。


あとがき

今回はちょっとした Tips でしたが、このような少しの変更の積み重ねが快適な PC 環境を作っていくんですよねー


この調子で、どんどん Windows 8 を自分好みの快適仕様にしていきたいと思います!


スポンサーリンク