poweroff_broken_title

電源ボタンが効かなくなってしまったあああぁぁぁぁぁ! 電源オフできないし、スクリーンショットも撮れねええええぇぇぇぇ (ToT)


長くiPhone を使っていればこんなときもありますが、大丈夫です! 電源ボタンが壊れてしまっても、電源オフできるしスクリーンショットも撮れます!!


今回は、そんな電源ボタンを使わずにもろもろの操作をする方法をまとめてご紹介します。


スポンサーリンク

まずは Assistive touch 機能を オン にする

Assistive touch という機能をオンにすることで、物理的な電源ボタンを使わず、電源ボタンに相当する機能を画面上から使えるようになります。


Assistive touch 機能を利用するには、「設定」アプリから「一般」⇒「アクセシビリティ」を選択します。

poweroff_broken_01

次の画面で下のほうにある「AssistiveTouch」をタップします。

poweroff_broken_02

ここで "AssistiveTouch" を「オン」にしましょう。

poweroff_broken_03

すると、スクリーン上に以下のような仮想的なボタンが表示されます。これを利用して、以降は代わりとなる機能を紹介していきます。

poweroff_broken_04

1.  電源ボタンが壊れた状態で iOS スクリーンロックする

電源ボタンを一度押すとスクリーンロックさせることができますが、電源ボタンが効かなくなってしまってはもちろん使えません。


そんなときは、Assistive Touch 機能をオンにして、画面上の Assistive Touch ボタンをタップします。すると、メニューが画面に表示されますので、「デバイス」をタップします。

poweroff_broken_05

「画面をロック」をタップします。これでスクリーンロックをすることができます。

poweroff_broken_06

2.  電源ボタンが壊れた状態で 電源オフ をする

電源オフは、先ほどのスクリーンロックする手順とほぼ同じです。違うところは、最後の「画面ロック」をタップではなく、長押しします。

poweroff_broken_09

すると、電源オフ画面がでてきます。


3.  電源ボタンが壊れた状態で 電源オン をする

次は、"電源オン" の場合です。これはちょっとむずかしそうですね…


これを行うには、iPhone / iPad を USB ケーブルを使ってパソコンにつなぎます。すると、勝手に起動してくるんです!


これは、Assistive Touch 機能を使うわけではありません。電源オフ状態でなんかようわからんけどボタン効かなくなった! というときも使えますねー


4.  電源ボタンが壊れた状態で スクリーンショット を撮る

電源ボタンとホームボタンの同時押しで撮ることができるスクリーンショットですが、電源ボタン効かなかったらどうするのっと...


これも、Assistive Touch 機能で実現できます! 画面上の Assistive touch ボタンをタップして、「デバイス」をタップします

poweroff_broken_05

「その他」をタップします。

poweroff_broken_07

「スクリーンショット」をタップします。これで撮れます!

poweroff_broken_08

5. 電源ボタンが壊れた状態で 再起動 をする

iOS デバイスを再起動したい場合、上で紹介した 電源オフ と 電源オン の方法を実行すれば再起動になります。


しかし、「USB ケーブルで接続できるパソコンがないんですけど...」という状況もあるかもしれません。そんなときは、この手順を実行しましょう! まず、「設定」アプリから「一般」⇒「リセット」をタップします。

poweroff_broken_10

そして、「ネットワーク設定をリセット」をタップして画面に従って進めていきましょう。

poweroff_broken_11

Wi-Fi 設定が再度必要になりますが、これがもっとも手軽に再起動出来る方法です!


あとがき

電源ボタンが効かない! というときは修理に出せれば一番良いのですが、保証期間が切れてたり、機種変更まであと数ヶ月だからなんとかそれまで乗りきりたいというときもありますよねー


そんなときは、Assistive touch を利用して乗りきりましょう! 電源ボタンが壊れていないときでも、指一本でスクリーンショットが撮れるので、結構普通に使ってたりします…


[ via: osxdaily ]


スポンサーリンク