nexus_screeclock_title


Nexus 5 と Nexus 7 には、以下 5種類のスクリーンロック (画面ロック) 方法があります。

  1. スライド
  2. フェイスアンロック
  3. パターン
  4. PIN
  5. パスワード

スクリーンロックは Nexus を安全に使うための、セキュリティにおける基本中の基本と言えます。


自分にとってどのスクリーンロック方法が良いかを見定めて、設定していきましょう。


スポンサーリンク

スクリーンロック設定方法

まずは、スクリーンロックの設定方法を見ていきます。「設定」アプリを開きます。Nexus 7 では、右上から下へスワイプすると設定パネルがでてくるので、そこから開くのが便利です。

nexus_screeclock_01

「セキュリティ」⇒「画面ロック」とタップしていきます。

nexus_screeclock_02

ここからそれぞれ設定したいスクリーンロック方法をタップすることで選択可能です。

nexus_screeclock_03

以降は、それぞれのスクリーンロック方法を紹介して、その中からオススメの設定も見てみます。


1. スライド

一番簡単なロック方式です。画面をなぞるだけでロックを解除することができます。


"スライド" を選択してスクリーンロック状態になると、以下のように真ん中にカギマークが表示されます。

nexus_screeclock_04

この "カギマーク" をタップするとそこから右側にカギマークが表示されるのでそのままなぞってカギマークまで移動させて指をはなすと、ロックを解除できます。

nexus_screeclock_05

誰でもロックを解除できてしまうため、この設定方法は極力避けるようにしましょう。


2. フェイスアンロック

顔で認証を行い、ロックを解除します。ロック解除 (アンロック) できない場合のために、パターン または PIN のロックも登録します。


フェイスアンロックでは、スクリーンロック状態になると前面のカメラで顔認証が始まります。顔認証に失敗すると、もうひとつ登録した パターン または PIN のロックで設定した方法の認証に移ります。そこで認証できればスクリーンロックを解除できます。


生体認証として非常に面白いのですが、安全面ではまだまだのようで、実際設定時にも安全ではない (似た顔の人に解除される可能性があるなど) 注意書きが表示されます。今後の精度向上に期待です。


3. パターン

9個の点が画面に表示され、それらをどのような順番でなぞるかによってロックを設定します。


スクリーンロック状態になると、以下のように 9個の点が表示されます。

nexus_screeclock_06

そこを設定したパターンに従って点をなぞっていけば解除できます。

nexus_screeclock_07

このパターンを設定するときは、できるだけすべての点を通るようなパターンを登録して簡単に見破られないようにしましょう。


4. PIN

数字のみの識別番号を設定し、それを入力することでロック解除します。桁数は 4文字以上、17文字未満で設定できます。


設定した数字を入力した後に enter key を押します。

nexus_screeclock_08

桁数が多ければそれなりに強固なロック方法と言えますが、可能であれば次に紹介する文字も混在したパスワードのほうがより良いでしょう。


5. パスワード

文字列の組み合わせを設定し、それを入力することでロックを解除します。文字数は 4文字以上、17文字未満であり、数字のみは NG のため、1文字以上は英字か記号を設定する必要があります。

nexus_screeclock_09

おすすめのロック方法は?

さぁ、どの設定方法が良いですかねぇ。オーソドックスですが、"パスワード" がおすすめです。可能であれば 8文字以上とし、英数字混合とすればほぼやぶられることはないでしょう。


次のおすすめは "パターン" です。これも単純な直線や四角形などではなく、すべての点を通るそれなりにわかりにくいパターンにしましょう。


これからの期待はフェイスアンロック (生体認証) です。精度が高まれば、ほぼやぶられることはないと考えられます。iPhone も 5s になって Touch ID つきましたしね!複雑なパスワードやパターンを覚えておく必要もないですし... たのむぜ、Google 先生!!


スポンサーリンク