medium_9869787265
  photo credit: Moridin_ via photopin cc


iPhone の通信プランは、docomo / au / Softbank 各社で同じような制限があります。節約したいんですけど、今のアプリはどこでいつ通信をしているかわかりにくく、知らない間に通信量が増えている場合もあるんですよねー。


でも、そんなときでも大丈夫! iOS 7 からは、アプリごとにモバイル通信の使用量と制限ができます!その方法を以下にご紹介します。


アプリごとのモバイル (4G / LTE) データ通信量の確認方法

「設定」アプリを起動し、「モバイルデータ通信」をタップします。

no title



下のほうを見るとアプリの一覧があり、各アプリに「〜 MB」または「〜 KB」と表示されています。この値がモバイルデータ通信量です。

ios_mobiledata_check_01

値が大きい場合は通信を頻繁に行っているので、問題があれば Wi-Fi でのみ使うようにするなど、モバイルデータ通信を抑えるようにしましょう。「〜MB」で大きい数字は要注意です。「〜GB」となっていたらかなりヤバイです。


【補足】

表示される値は、累計値です。何もしなければ、iOS 7 にアップデートしてからまたは iPhone を使い始めてからの合計値になります。


「今日一日の計測をしたい!」というときは、リセットしてゼロから計測することができます。先ほどの "モバイルデータ通信" 画面にて一番下にある「統計情報のリセット」をタップしましょう。
 ios_mobiledata_check_02


アプリごとにモバイルデータ通信 (4G / LTE) をしないように制限する方法

これは、先ほどの "モバイルデータ通信" 画面で各アプリのスイッチをタップしてオフにします。これで OK です。

ios_mobiledata_check_03

どのアプリを モバイルデータ通信オフ とすればよいか

どのアプリをオフにすれば良いか、方針を考えてみます。以下はまっ先にオフとしても良いでしょう。

  • アプリやミュージックのダウンロード系アプリ
  • YouTube などの動画閲覧アプリ

「ついつい、アプリをダウンロードして通信量増えちゃうんだよね」とか、「YouTube で動画見ちゃうんだよね」という場合は、App Store や YouTube をオフにします。


これ以外でも、最近はニュース系アプリとかもずーーーっと見てしまうと結構な通信量サイズになっていたりします。「必須ではないんだけど、ついつい見ちゃう」というアプリは、通信量をチェックしてオフにしちゃうのもアリですね。


あとがき

わかっていても、ついついダウンロードして通信量が増えちゃう場合はあるんですよねー。


そういう場合は、ここに記載した方法で何のアプリが通信しているのかをチェックして、必要であれば制限をしてしまいましょう。7GB などの制限に到達しちゃうと、かなり速度がおそくなりますからね...




スポンサーリンク