nexus7_kitakat_title


最近は Nexus 5 をいじり倒してるのですが、ふと気づくと Nexsu 7 にシステムアップデートの通知が!


さっそく何も考えず、Android 4.4 KitKat にアップデートしました。Android 4.4 は、512MB のメモリでもサクサク動くように作られているとのことなので、起動直後のメモリ使用量をサクッと調べてみました。


【補足】

「512MB でも快適に動く」ということは、メモリ使用量だけで確認できるものではありません。また使用アプリや状況によってメモリ使用量は異なってきます。今回はあくまでご参考というこで。


スポンサーリンク

アップデート前 - Android 4.3

今回は、Nexus 7 2013 モデルで確認しています。まずアップデート前、Android 4.3 Jelly Bean での起動直後の状況を見てみます。何もアプリは起動していません。

nexus7_kitkat_01

メモリ (RAM) 使用量は 673 MB。うーん、確かに 512 MB しか搭載されていないスマホだとちょっと厳しそうですねー


アップデート後 - Android 4.4

Android 4.4 KitKat へアップデートして同じように見てみます。(設定のアイコンが変わってる!)

nexus7_kitkat_02

メモリ使用量が 540MB に減ってる! 確かに、KitKat のほうが メモリ使用量が減っています。


そしてさらに、普段利用するアプリを 10個ぐらい起動して見てみます。すると...

nexus7_kitkat_03

アプリを起動したはずなのに、メモリ使用量は 430 MB までさらに減ってる!


このさらに減るという状況は Jelly Bean (Android 4.3) のときにも見られたので、KitKat だけということはないのですが、アプリを起動していてもこれぐらいの使用量であれば、確かに 512 MB のスマホでもサックリ動きそうですね!


あとがき

実際は、アプリを使って操作しているとき / ゲームを行っているとき そのときがメモリを多く使用しているはずです。


ですので、使っているアプリの種類にもよりますが、Android が「メモリ使用量を抑えるぞ!」というところで KitKat を出してきたのは本当のようですね!


さぁー、KitKat 使い倒していきますよーー。



スポンサーリンク