itunes_restore_title


iPhone / iPad へバックアップからデータを戻したいとき、バックアップが取得できていれば iCloud と iTunes から復元することができます。ここでは、iTunes からの復元手順を紹介します。

【参考】

iCloud バックアップからの復元手順は、以下をご覧ください

【iPhone/iPad】データを全消去して iCloud のバックアップから復元する方法



バックアップからの復元は、ほぼ iOS の再インストールのようなイメージです。データを全消去して復元を実行する場面としては、以下のようなケースがあります。

  • 動きがおかしい / 動かなくなった
  • ストレージの "その他" 領域を縮小したい

また、「バックアップはしてるけど、復元方法はようわからん」というのも、イザというときに不安です。手順を知りいつでも実行できるようにしておきましょう。


【参考】

iTunes へのバックアップ手順は、以下記事をご覧ください。

【必須】iCloud と iTunes で iPhone/iPad のデータをバックアップする方法


iTunes で取得したバックアップから復元する手順

iPhone / iPad と iTunes が導入されたパソコンを USBケーブルで接続します。そのあと iTunes を起動し、右上のデバイスを選択して復元したいデバイスを表示させます。

itunes_restore_01

復元させたい iPhone が表示されたら、その画面にある「iPhone を復元」ボタンをクリックします。
itunes_restore_02
 

【補足】

「iPhone を探す」機能が オン になっていると、以下ポップアップが表示されます。
itunes_restore_03

「設定」アプリを起動し、「iCloud」から「iPhone を探す」を選択して オフ にしましょう。


「iPhone を復元」をクリックすると以下ポップアップが表示されます。「復元」をクリックします。

itunes_restore_04

次に、iPhone を工場出荷状態に戻すため iTunes が iPhone をソフトウェアをダウンロードしようとします。そのための確認画面が表示されますので、「次へ」⇒「同意します」とクリックしていきます。

itunes_restore_05

このこのあとは、ひたすら待ちます。iTunes の上に表示されるステータスがどんどん変わっていくので、温かく見守りましょう。

itunes_restore_06

ソフトウェアがダウンロードされ、工場出荷状態に戻ると、iTunes は以下のような表示になります。ここで、「このバックアップから復元」が選択され、右のプルダウンより復元したい iTunes のバックアップが選択されていることを確認して、「続ける」をクリックします。

itunes_restore_08

このあとも、またひらすら待ちます。一度 iPhone / iPad が再起動しますので、ここまできたらもう復元完了は目の前です。


再起動後、iPhone / iPad でスワイプしてロック画面を解除すると、以下のように「パスコードがありません」と表示されます。

itunes_restore_07

「続ける」をタップして、パスコードを設定しましょう。これで、復元は完了です! Wi-Fi 設定、iCloud 設定、アプリなどすべて復元されています!


あとがき

実際にやってみてわかったことは、iTunes の復元は iCloud の復元より簡単だということです。復元中に尋ねられる設定項目が少ないんですよね。


iTunes へもときどきバックアップをして、何かあったときは iCloud ではなく iTunes から復元することをオススメします!



スポンサーリンク