itunes_backup_recommend_title


バックアップからのデータの復元なんて、そんな頻繁にしないんですけど、復元するときは焦って急いでいるときが多いんですよね。


iPhone / iPad は iCloud と iTunes にバックアップを保存できるのですが、「できるだけメンドクサイことせず早く復元したい!」というときで iTunes にバックアップがあるときは、迷わず iTunes から復元しましょう!


今回は、その理由を以下に記載していきます。


設定項目が超絶少ない

itunes_backup_recommend_01

iCloud からの復元だと、言語設定に始まり、Wi-Fi 設定や Apple ID のパスワード入力も何回か行う必要がありますが、iTunes での復元はこれらがいっさいありません!


iTunes であれば、パソコンがインターネットに接続していれば Wi-Fi 接続なんてする必要ないですし、Apple ID の情報も iTunes に保管されているモノを使えば OK ですからね。


復元スピードがちょっと速い

実際に、復元のスピードに違いはあるのか、わたしのメイン iPhone 5 (iOS 7.0.4、アプリの数 76) で試してみました。


iCloud は「一般」⇒「リセット」から「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択し「iPhoneを消去」をタップしてから、iTunes は「iPhone を復元」ボタンをクリックしてから、それぞれ復元が完了しアプリも元通りインストールされた状態になるまでに要した時間を計測してみました。


結果は以下の通り!

iCloud iTunes
復元完了までに要した時間 25分12秒 23分59秒
※ 時間はアプリの数やネットワーク環境で変化します。あくまで参考値です。

iTunes のほうがちょっと速いですね... ちょっとですけど。


iCloud からの復元の場合は、最後の iPhone/iPad 再起動が終わってからアプリのダウンロードが始まります。アプリが多い場合は、このダウンロードに時間がかかりますし、ネットワーク速度が遅い場合はなおさらです。


itunes_backup_recommend_02
※ 復元して再起動した直後。アプリのほとんどがインストール中となりすぐ使えない...

でも、iTunes からの復元の場合は、最後の再起動終了後に iTunes のアプリ同期が始まります。USB ケーブルでのデータ転送なので、速度は安定しています。


あとがき

復元したいときに、バックアップを保存している iTunes のパソコンが手元にあるとも限りません。そのときは、iCloud 経由でバックアップから復元するしかないですね。


でも、iTunes のパソコンがそこにあるならば! 迷わず iTunes で復元を実行しましょう! 簡単です!!


そのためにも、iTunes での定期的なバックアップはしたほうがいいですよ! いいですよーー


スポンサーリンク