Medium 10671406484
photo credit: Alejandro Pinto via photopin cc

Mac (OS X) で良く使う操作のひとつであるウィンドウの切り替え操作。Windows の「Alt + Tab」キーでできるアレです。


Mac では、アプリケーション間とアプリケーション内の切り替えでキーを使い分ける必要があります。その使い方を確認してみます。Windows からの乗り換えの方も必見ですよ!


アプリケーション間の切り替えは「Command + Tab」

Mac で同じようなことをするには、「Command + Tab」キーで可能です。

Mac switch windows 01

Command キーを押さえながら、Tab キーをポンポンと押していくと、起動中のアプリケーションを選択していくことができます。

Mac switch windows 02

アプリケーション内の切り替えは「Command + F1」... でも、キーを変更したほうが良いかも

「Command + Tab」では、アプリケーション内のウィンドウまで切り替えられないのが残念です。例えば、Finder のウィンドウを複数立ちあげていても、「Command + Tab」でウィンドウを切り替えることはできないんですよね...


そんなときは、「Command + F1」キーを使いましょう。これでアプリケーション内のウィンドウを切り替え可能です。

Mac switch windows 03

【補足】

ただし、F1, F2 キーのようなファンクションキーを「ディスプレイの明るさ設定」や「Mission Contorl の呼び出し」に使っていると、上のショートカットキーは動作しません。

そんなときは、以下を見直しましょう。「システム環境設定」を起動し「キーボード」を開きます。「キーボード」タブに "F1, F2 などのすべてのキーを標準のファンクションキーとして使用" というチェックボックスがあるので、ここをオフにすると「Command + F1」のショートカットキーが動作します。

mac_switch_windows_04


【補足 2】

「ファンクションキーは 明るさ設定とかに使いたいんだよ!」という方は、「Command + F1」というキーコンビネーション自体を変更してしまいましょう。

「システム環境設定」⇒「キーボード」⇒ 上の「ショートカット」タブを開き、左の一覧から「キーボード」を選びます。「次のウィンドウを操作対象にする」のキーコンビネーションを変更します。「Option + Tab」キーあたりへの変更がイイですかね。

mac_switch_windows_05


キーコンビネーションの変更方法詳細は、以下の記事を参考にしてください!


まとめ

Mac (OS X) でのアプリ、アプリケーションウィンドウ切り替え方法は以下となります。


アプリケーション間 切り替え Command + Tab
アプリケーション内 切り替え Command + F1
※ただし変更したほうが使いやすいかも

Windows で使い慣れていると 2通りあるのはちょっとメンドウかなー と思っちゃいますが、ガンガン使いこなしていきましょう!




スポンサーリンク