apple_watch_title

Apple Watch きましたーー。きましたよーーーーーー。


でも、これどうなの? 何ができるの? iPhone 持ってるけどこれもあったほうがいいの? とりあえずスルーしちゃっていいの? などなど疑問がたくさんでてきます。


ということで、この Apple Watch があると「何ができるのか?」「何ができるようになるのか?」という観点で機能をまとめてみます。


スポンサーリンク

1. 時間がわかる!

「Apple Watch」ですもんね。時計の機能があります。今、何時何分かがわかります。


apple_watch_01

アラーム / ストップウォッチ / タイマー の機能もあります。


2. コミュニケーションができる!

コミュニケーションとは、具体的に以下のような他人と会話やメッセージのやりとりをするための機能です。

  • メッセージ (チャット)
  • 電話
  • メール
  • Digital Touch

apple_watch_02

メッセージは、基本的に音声入力です。電話もメールもできますので、iPhone でもできる基本的なコミュニケーションは、Apple Watch でもできますね。


「Digital Watch」とは何でしょう? これは、Apple Watch ならではのコミュニケーション機能です。


Apple Watch の画面は小さいですから、文字を入力してコミュニケーションをするのはちょっと送るのも見るのも大変ですよね。そこで、もっと直感的に相手にメッセージを送るための機能です。


具体的には、スケッチ (絵) / Walkie-Talkie (短い音・通話) / タップ / ハートビート の 4種類です。


apple_watch_03

タップは「相手が手首で感じることができる静かな優しいタップ」という説明があるので、振動で何かを伝えるんですかね。ハートビートは、自分の心拍数を読み取ってそれを伝えるとのこと。具体的なところは把握できていませんが、会話や文字とは違う、もっと直感的なやりとりが簡単にできそうでおもしろそうです!!


3. アクティビティの計測ができる!

アクティビティとは活動です。Apple Watch を身に付けていると、どれだけ動いたのか / 逆に動いていないのかがわかります。健康を気にしている方には使える機能ですね!


apple_watch_04

具体的には、以下のようなことがわかります。

  • ムーブ (消費カロリー)
  • エクササイズ (運動量)
  • スタンド (座っている時間/立っている時間)

「スタンド」はおもしろい機能ですね。長時間座っていると、「ずっと座ってるよ!立ち上がって!」と教えてくれます。長時間座ってると肩はこるわ、腰にくるわ、ありますからねー。


これらのエクササイズやトレーニングを計測できる機能は、目標 (ゴール) を設定することができます。目標まであとどれぐらい活動しなければいけないのか、達成状況を教えてくれます。Apple Watch がモチベーションを上げてくれる助けをしてくれます。


4. ルート案内でナビ操作ができる!

iPhone でも使える Apple の「マップ」機能と、Apple Watch には GPS も搭載されています。これで、目的地へのルート案内も手首に付けている Apple Watch を見るだけで簡単にわかります!


5. それ以外にもいろいろ

これまで挙げてきた機能以外にも、「カレンダー」「天気」という基本的な機能が搭載されており、Apple Watch だけで iPhone でもできる基本的なことが結構できます。


また、Apple は iPhone の App Store のようにアプリケーションを Apple Watch 用に開発できるように提供していますので、「LINE」のような iPhone で使っているおなじみのアプリもリリースされるでしょう!


Apple Watch 特有のゲームなどもリリースされれば、持っているだけで楽しくなりそうですね!!


【補足】iPhone と Apple Watch で「できること」

iPhone を持っていれば、Apple Watch と連携して以下のようなこともできるようになります。

  • ミュージック (iPhone に入っている音楽を聞く)
  • リモートカメラ (iPhone カメラのシャッターを切る)

また、「3. アクティビティの計測ができる!」で記録した活動量や目標への達成状況などを、iPhone でチェックすることができます。


「iPhone からデータを送って Apple Watch で見る」  逆に、「Apple Watch で収集したデータを iPhone で見る」ということができるので、今後もいろいろ iPhone と Apple Watch でできることは増えそうですね!


結局のところ買ったほうがいいの?

ここまで見てきて、主に以下 3つのケースに当てはまる方は「買い」だと思います。

  • 健康志向でフィットネスやエクササイズが趣味である
  • iPhone 6 Plus を買うので、簡単な操作は Apple Watch でしたい
  • Apple 製品だから買うのあたりまえじゃん!!

まぁ、最後のは察してください... でも、最大のポイントは「3. アクティビティの計測ができる!」をメリットと感じるかどうかですね。


Apple Watch では心拍数も計測できるので、わたしは非常に期待しています。スポーツが得意か不得意か、どこまでできるかできないかは人それぞれ異なります。一番良いのは、その人にあった負荷をかけることで、それは心拍数である程度把握できるからです。


また、「iPhone 6 Plus を買うぞ!」という方は、iPhone 6 Plus の弱点にもなる「重くてデカイ」というところも、「確認できるものは¥手首の Apple Watch でサクッと見ちゃおう」というスタイルでいけば iPhone との使い分けが上手くできると思います。


わたしはどうしますかねー。うーーーん って、買うに決まってるじゃないですか! それは、Apple 製品だからです!! (^_^;)


スポンサーリンク