Watch app uninstall title

Apple Watch にもアプリをインストールすることで、通知だけでなくそのアプリの機能を便利に使うことができます。


でも、むやみにガンガン インストールしてしまうのは禁物です。Apple Watch のストレージ容量は 8GB、実際に使える容量は 6.2GB ぐらいです。容量が少なくなるとここぞというときに使えなくなったり、動作が遅くなってしまうことが考えられます。


一度試してみて「これ要らんわ」となったアプリは、Apple Watch からアンインストール (削除) するようにしましょう。


スポンサーリンク

Apple Watch のアプリをアンインストールする手順

方法は2つあります。Apple Watch から操作する方法と、iPhone から操作する方法です。それぞれご紹介します。


1. Apple Watch からアンインストールする手順

Apple Watch でも iPhone と同じように操作できます。まず、Apple Watch 側面のホームボタン (デジタルクラウン) を1回押して、アプリが並ぶホーム画面を移します。

Watch app uninstall 01


次に画面を長押しします。すると、アプリのアイコンがプルプル震えだします。ポイントは、軽く押して長押しです。強く押してはダメです。

Watch app uninstall 02


削除可能なアプリは、アイコンの左上に x マークが表示されます。アンインストールしたいアプリをタップすると「削除してもよろしいですか?」と表示されるので、「App を削除」をタップしてアンインストールします。

Watch app uninstall 03


これでアンインストール完了です! 側面のホームボタンを押すと、プルプルした画面から通常の状態に戻ります。


2. iPhone からアンインストールする手順

「Apple Watch」アプリを起動し下のほうへスクロールすると、アプリの一覧が表示されます。

Watch app uninstall 04


アンインストールしたいアプリをタップし、「AppをApple Watchで表示」のボタンをオフにしましょう。アンインストール中... と表示され、アプリがアンインストールされます。

Watch app uninstall 05


あとがき

Apple Watch からアプリをアンインストールできるのは、デフォルトでインストールされている Apple 製以外のアプリです。これは、iPhone と同じですね。


Apple Watch 入手後はいろいろとアプリを試してみたくなりますが、インストール必要がないと思ったアプリはサクッと削除してしまいましょうー






スポンサーリンク