applewatch_app_freeze_title


Apple Watch へまだアプリも対応したばかりなのか、Apple Watch の性能的な限界もあるのか、iPhone よりアプリがフリーズするケースが多いような気がします。


そんなときの対処方法として、フリーズしたアプリの解消方法をご紹介します。


Photo: www.apple.com

スポンサーリンク

フリーズしたアプリを解消する手順

Apple Watch でアプリを開き、使っていて画面がスクロールしなくなるなど動かなくなったとします。そんなときは、まず Apple Watch のサイドボタンを長押しします。

Applewatch app freeze 01

しばらく押すと Apple Watch の画面に 電源オフなどの電源メニュー画面 がでてきますので、一度サイドボタンから指を離します。

Applewatch app freeze 02

次にもう一度サイドボタンを長押しします。すると、一瞬アプリの画面に戻ったあと、アプリが終了しホーム画面になります。こうなると、アプリは強制終了されたことになります。

Applewatch app freeze 03

あとがき

強制終了したアプリを起動すると、フリーズ直前まで見ていた画面ではなく、アプリを起動したあとに表示される画面になるので、終了されたことがわかります。


また、アプリもどんどん起動していくと複数のアプリが起動しっぱなしの状態になるので、Apple Watch 全体の動作が遅くなったり、バッテリーの消費が激しくなったりする可能性があります。


そんなときは、ここに紹介した方法でアプリをガンガン終了させてみるのも良いと思いますよー


スポンサーリンク