osx_photos_delete_title

iPhone でガンガン写真やムービーを撮ると iPhone のストレージを圧迫してしまうので、必要なものをクラウド型ストレージやパソコンに転送して iPhone の写真は削除するわけですが、それでもストレージ空き容量が増えない場合があります。


基本的な写真の削除方法から、写真を完全に削除して iPhone のストレージ空きを作るための実施ポイントをご紹介します。


photo credit: iPhone 6+ Screen via photopin (license)

スポンサーリンク

1.  写真やムービーが利用しているストレージ容量の確認方法

まずは iPhone に保存されている写真やムービーがどれぐらいの容量を使用しているのかを確認しましょう。「設定」アプリを起動し、「一般」をタップします。

Ios8 settings genera a

使用状況」を選択し、ストレージセクションの「ストレージを管理」をタップします。

Osx photos storage 01

ここでアプリの一覧が表示され、それぞれのアプリのストレージ容量も表示されます。ここで「写真とカメラ」の横に表示されているサイズが利用している合計サイズです。

Osx photos storage 02

【補足】

この「写真とカメラ」は、iPhone にデフォルトでインストールされている「カメラ」アプリで撮り「写真」アプリに保存されている写真とムービーが対象です。他のカメラアプリで撮ったり、別のアプリで写真やムービーを保存している場合は、ここに該当しない場合もあるのでご注意ください。


そしてこの「写真とカメラ」をタップすると保存されているデータの種類の内訳がわかります。写真を削除したり設定変更した場合は、ここのサイズが減っているかどうかを確認するようにします。

Osx photos storage 03

2.  カメラロールの「最近削除された項目」内の写真やムービーを削除する

iPhone の写真やムービーを削除する場合は、「写真」アプリで写真の一覧を表示させてる状況で右上の「選択」をタップし、削除したい写真をタップして選択したら、右下の「ゴミ箱」アイコンをタップすることで削除できます。

Osx phots delete 01

しかし、これだけでは iPhone からは削除されていません。「30日後に削除される」というマークがついただけで、実際に削除されるのは 30日後になります。それまで写真は残っています。


これらの写真を削除するには、アルバムを表示し「最近削除した項目」というアルバムをタップします。

Osx photo delete 02

右上の「選択」をタップすると左下に「すべてを削除」が表示されるので、そこをタップすると「最近削除された項目」の写真を完全に削除することができます。ここから削除すると元に戻すことはできないので注意です。

Osx photo delete 03

3. 「iCloud フォトライブラリ」を オフ にする

「iCloud フォトライブラリ」という機能を使っている場合、iPhone のアルバムからどんどん写真を削除しても iPhone ストレージを思いのほか利用したままという場合があります。


「iCloud フォトライブラリ」は iPhone で撮った写真やムービーを iCloud に自動で保存してくれる便利な機能ですが、iCloud のストレージも利用してしまいます。写真を Googleフォト のような別のクラウドサービスへ保存したり、パソコンへ保存している のであれば、iCloud フォトライブラリ は オフ にしてしまいましょう。


iCloudフォトライブラリ を オフにするには、「設定」アプリ ⇒「iCloud」⇒「写真」と選択して「iCloudフォトライブラリ」をオフにします。オフにして、「フォトライブラリ」の容量が減るかどうか確認してみましょう。

Ios icloud photo 01

【参考】


4. iPhone を再起動する

iCloudフォトライブラリを利用していない、あるいは iCloudフォトライブラリの オン ⇔ オフ を繰り返してもストレージ 写真とカメラの容量が減らない、特に「フォトライブラリ」の項目のサイズが減らないというときがあります。

Osx photo delete 04

そんなときは、iPhone の再起動 を実施しましょう。横の電源ボタンを長押して電源をオフにしたら、また電源ボタンを押して起動させます。


【参考】


わたしはこの方法で最終的に結構容量が減りました。何をしてもダメな場合は、最後に再起動を実施してみてください!


あとがき

iOS 8 ぐらいから、"念のため" 写真をしばらく残しておいたり、iCloud機能の連携が強くなり、「削除しても実際は残っている」という状況が発生するようになりました。


そんな機能も便利なんですが、本当に削除したいときに削除できないのはやっかいですよね... そんなときはここの手順を実施してガッツリ削除してしまってください。


でもあとから「あ、必要な写真まで削除してしまった! やべぇ!!」とならないように、パソコンや Google フォトのようなクラウドサービスへのバックアップや保存をしておきましょうー。




スポンサーリンク