37


iPhone で写真を撮りまくると困るのが、iPhone のストレージ空き容量が減ったりだとか、どう管理するかとかということですよね。


ここらへんは、Googleフォトの利用 をオススメするのですが、パソコンへのバックアップや Mac の「写真」や「iPhoto」アプリで管理したいとなると、やはり Apple のサービスを利用したほうが便利です。


そして、iOS (iPhone/iPad) と OS X (Mac) で写真共有やバックアップをしようとすると、「iCloudフォトライブラリ」と「自分のフォトストリーム」という 2つの機能があります。


使ってみて考えましたが、これは「自分のフォトストリーム」を利用したほうが便利かつ経済的です。その理由と機能の違いなどをご紹介します。


Photo: www.apple.com

スポンサーリンク

「iCoudフォトライブラリ」より「自分のフォトストリーム」を利用したほうが良い理由

理由はほぼひとつと言って良いでしょう。それは、「iCloudフォトライブラリ が iCloudストレージを利用する」からです。 iCloudストレージは無料で 5GB までしか使うことはできず、これではすぐ空き容量がなくなってしまいます。


5GB なんてすぐいっぱいになってしまいますよね。5GB 以上使うためには、月額使用量を Apple に払えば良いんですけども、それは抵抗がありますし...


それ以外にも「iCoudフォトライブラリ」と「自分のフォトストリーム」の機能で特徴や違いなどあります。主な特徴と比較を以下にあげてみますので、参考にしてみてください。


iCloudフォトライブラリ

  • 写真が自動で自分の iCloudストレージ にアップロードされる
  • 他の所有する iPhone/iPad/iPod touch/Mac/iCloud.com 上でも見ることができる
  • iCloudストレージ (デフォルト上限 5GB) を利用してしまう
  • iPhoneストレージ を利用しない設定にすることができる
  • 写真とビデオが撮ったままの高解像度で保管することができる

【補足】

ここでの「iCloudストレージ」とは、Apple ID に紐づくデフォルト 5GB の容量を、「iPhoneストレージ」とは、iPhoneそのものの 16G/32G/64G/128G などの容量を示しています。


自分のフォトストリーム

  • 写真が自動で iCloudサーバー にアップロードされる
  • iCloudストレージは消費しない
  • 他の所有する iPhone/iPad/iPod touch/Mac 上でも見ることができる (iCloud.com は見れない)
  • 保存期間が 30日 と決まっており、保存できる枚数も制限がある

「iCloudフォトライブラリ」と「自分のフォトストリーム」の機能比較表

iCloudフォトライブラリ 自分のフォトストリーム
iCloudストレージを使用するか
(デフォルト5GB)
使用する
(上限に達するとアップロードできず)
使用しない
他のデバイスで見ることができるか できる できる
iPhoneストレージを使用するか 使用しない
(設定で変更可能)
使用する
保存期間 無制限 30日間
保存枚数 無制限 1,000枚まで
(それ以上は古いものから自動削除)
保存解像度 キレイ
(元の解像度のまま)
iPhone/iPad では 2048 x 1536 ピクセル
(Mac/Windows パソコンは元の解像度のまま)
値段 5GB 以上は有料
  • 20GB まで ¥100/月
  • 200GB まで ¥400/月
  • 500GB まで ¥1,200/月
  • 1TB まで ¥2,400/月
無料
(追加課金なし)

「自分のフォトストリーム」を使用する設定方法

「iCloudフォトライブラリ」ではなく、「自分のフォトストリーム」の設定方法を確認しておきましょう。「設定」アプリを起動し、「iCloud」⇒「写真」を選択します。

Ios setting icloud photo

ここで、「iCloudフォトライブラリ」がオンになっていた場合にはオフにし、「自分のフォトストリーム」をオンにします。

Ios icloud photo 01

これで設定は完了です。


あとがき

「iCloudフォトライブラリ」と「自分のフォトストリーム」って何の違いがあるのかわかりづらいですよね。「お金をかけたくない場合は、とりあえず自分のフォトストリームを設定しとけ」で良いです。


「自分のフォトストリーム」を使う注意点として、iPhone にはガンガン撮った写真が溜まっていきます。これは Googleフォト へアップロードするなり、パソコンへバックアップするなりして iPhone にある写真はちょくちょく削除していきましょう。


スポンサーリンク