Osx1010 photo

写真を撮るのって楽しいですよね! そのあとは写真をバックアップするために、編集するために、誰かに送ったりして共有するために Mac へ写真を取り込みましょう。


iPhone や コンデジ、デジタル一眼レフカメラ などで撮った写真を Mac (iMac, Macbook) に取り込む方法は幾つかあります。今回は 4つの方法をご紹介します。


Photo: www.apple.com

スポンサーリンク

1. 「写真」アプリを使って読み込む

写真すべてを Mac の 写真アプリ で管理しているときは、ここに取り込んでしまいましょう。

Photos Icon写真
※ クリックでアプリを起動


USB ケーブルで iPhone と Mac を接続したり、SDメモリカード を Mac に挿している状態で 写真アプリ を起動します。すると、左側サイドバーの "読み込み" セクションに iPhone やメモリカードの名前が表示されるので、そこをクリックします。

Osx photo reading 01

【補足】

写真アプリで左側にサイドバーが表示されていないときは、上のメニューバーから「表示」⇒「サイドバーを表示」をクリックすることで表示されます。

osx_photos_read_10


iPhone や SDカードにあるすべての写真を取り込むときは、右上の「すべての新しい写真を読み込む」をクリックします。

Osx photos read 02

すべてではなく特定の写真を読み込みたいときは、その写真を選択して、「x個の選択した写真を読み込む」をクリックします。

Osx photos read 03

読み込んだ写真を iPhone や SDカードデバイスから削除したいときは、「読み込み後に項目を削除」というチェックボックスにチェックをしておきましょう。削除することでデバイスの空き容量を増やすことができます。

Osx photos read 04

2. 「イメージキャプチャ」アプリを使って取り込む

イメージキャプチャアプリ からも写真を取り込むことができます。iPhone や SDカードを Mac に接続した状態で、アプリケーションから 「イメージキャプチャ」アプリを起動します。

Osx photos read 05

【参考】


右下の「すべてを読み込む」をクリックすることで写真を取り込むことができます。保存するフォルダは "読み込み先:" で指定することができます。

Osx photos read 06

すべてではなく個別に写真を選択したいときは、取り込みたい写真を選択して「読み込む」をクリックします。

Osx photos read 07

3. 「プレビュー」アプリを使って読み込む

画像や PDF の閲覧に使う プレビュー アプリですが、写真の取り込みもできます。アプリケーションフォルダから、あるいは Spotlight を使用してプレビューアプリを起動します。


プレビューアプリを表示させている状況で、上のメニューバーから「ファイル」⇒「カメラから読み込む」⇒「デバイス名」を選択します。

Osx photos read 08

「すべてを読み込む」ボタンはありませんが、画面はイメージキャプチャアプリと似たような感じで、操作方法もほぼ同じです。

Osx photos read 09

4. (iPhone限定) iCloud フォトストリームを使って写真アプリに読み込む

iPhone 限定ですが、iCloud フォトストリーム機能を使うことで自動で Mac の写真アプリに写真を読み込むことができます。自動なので便利です。


iPhone と Mac で「設定」⇒「iCloud」⇒「写真」を選択して、「自分のフォトストリーム」にチェックが入っていることを確認しましょう。操作方法の詳細は以下の記事を参考にしてください。

【参考】



あとがき

管理に Mac の写真アプリを使っているのであれば『「写真」アプリを使って読み込む』で十分でしょう。iPhone 中心に写真を撮っているのであれば、iCloud フォトストリームが便利ですね!


写真を加工素材として使うため、Googleフォト などのクラウドサービスへ一気に保存して... というような使い方をしているのであれば、イメージキャプチャやプレビューが便利ですね! 用途によって使いこなしていきましょう!!



スポンサーリンク