Apple music logo

Apple Music は登録されているミュージックをなんでも聞くことができます。でもその分、あれやこれやとダウンロードしてしまうと、ネットワーク通信 (パケット通信) がかなり発生しちゃうので注意が必要です。


こんなことにならないよう、4G / LTE の接続環境では Apple Music を利用しないようにする設定をご紹介します。以下 2つの段階的な方法があります。利用の仕方によって使い分けることができます。

  1. Apple Music の情報は表示されるけどミュージックのダウンロードはしない方法
  2. Apple Music 関連のの情報を表示すらしない方法

スポンサーリンク

1. Apple Music の情報は表示されるけどミュージックのダウンロードはしない方法

ダウンロードのみを Wi-Fi にする方法です。4G / LTE 環境では Apple Music の情報は表示されるので、『家に帰ったら何をダウンロードしようかな〜』というのは好きなときに考えることができます。


「設定」アプリを起動し、「iTunes & App Store」をタップします。

Ios applemusic comm 01

ここの「モバイルデータ通信」をオフにしましょう。これで OK です!

Ios no apple music 02

すると、ダウンロードしていないミュージックを再生しようとすると、以下のように「Wi-Fiに接続していください」というメッセージがでて、4G/LTE 環境では再生できなくなります

Ios no apple music 03

2. Apple Music 関連のの情報を表示すらしない方法

『Apple Music なんて一切使わないから、全く通信したくない!』という方はこの設定を実施しましょう。「設定」アプリを起動し、「モバイルデータ通信」をタップします。

Ios no apple music 04

次の画面で下のほうにスクロールしていくとアプリの一覧が表示されます。ここで「ミュージック」を探し、オフにしましょう。

Ios no apple music 05

これを実施すると、Apple Music 関連の「For You」「New」「Radio」「Connect」にアクセスしようとすると、以下のように表示されなくなります。

Ios no apple music 06

このような設定をしても、「My Music」は表示されますので iPhone に保存されているミュージックは再生することができます。


あとがき

Apple Music をどう使っていくかで設定が変わってきますね。一切使わないのに、「iTunes & App Store」だけの設定では不十分なときがあるので注意が必要です。


わたしはトライアル期間は Apple Music を使っていくと決めましたので、『1. Apple Music の情報は表示されるけどミュージックのダウンロードはしない方法』だけの設定をして様子を見てみることにしますー




スポンサーリンク