DSC 0087

OS X El Capitan がリリースされ、インストールして利用されている方も多いと思います。OS X El Capitan をインストールしたら、まず USBインストールディスクを作成しましょう!


USB インストールディスクを作成することで、主に以下の状況に対応することができるようになります。


  • 起動できなくなったトラブルのときの復元
  • インターネットに接続できない環境での Yosemite インストール
  • すでにインストールされている環境への再インストール (クリーンインストール)

まぁ、USB インストールディスクがなくても対応できる場合があるんですけど、それでもないよりあったほうがかなりマシな状況です。Mac が壊滅的な故障にならなければ、ほぼどんな状況からも復旧したり再インストールしたりすることができます。


ということで、万が一に備えるため OS X El Capitan の USB インストールディスク作成方法 をご紹介します。


スポンサーリンク

1. USB メモリを用意する

使用する USB メモリは、8GB 以上を用意します。すでに使用済みのものでも利用できますが、フォーマットされてデータは消えてしまうので注意してください。


基本的に USB 起動ディスクは使用する時まで保管しておく用途になるので、性能は低くて OK です (USB 3.0 対応とかなくてよし)。Amazon で売られている以下が安くていいです。わたしも昔からこれで作成しています。


2. OS X El Capitan をダウンロードする

USBメモリへ作成する内容は、OS X El Capitan のインストールイメージから作成します。そのため、まずはこれをダウンロードします。


OS X El Capitan
価格: 無料 (記事公開時)

Mac App Store の OS X El Capitan が表示されたら、「ダウンロード」をクリックします。

Osx elcapitan download

次のポップアップでは「続ける」をクリックします。

Osx elcapitan download continue

ダウンロードするサイズは 6GB を超えるため、そこそこ時間がかかります。ダウンロードの進み状況は、「購入済み」タブから「OS X El Capitan」の項目を見ると確認することができます。ダウンロードが完了するまで待ちます。

Osx elcapitan download progress

ダウンロードが完了すると「OS X El Capitan」のインストール画面が表示されますが、無視するか「Command + Q」ボタンで閉じてしまってください。


3. USB メモリ インストールディスクを作成する

このあとの大まかな手順としては、USB メモリ の名前を変更し、ターミナルからダウンロードした OS X El Capitan のイメージを基に USB メモリ起動ディスク を作成するコマンドを実行します。


USB メモリ の名前を変更する

Finder から USB メモリ を表示させ、名前を変更します。USB メモリ が正常に Mac へ認識されていれば、Finder のメニューバーから「移動」⇒「コンピュータ」と選択することで表示されます。

Osx elcapitan finder computer

名前を変更するには、USB メモリ のアイコンを右クリックして「名前を変更」を選択することで変更できます。あるいは、アイコンが選択された状態で「return キー」を押すことでも名前変更できます。ここでは、「ElCapitanInstaller」と名前を変更します。

Osx elcapitan rename usbdrive

ターミナルからコマンドを実行

次に、「ターミナル」アプリを起動します。ターミナルの起動は「Control + スペース」(デフォルト)キーを押して Spotlight 検索で起動するのが手っ取り早いです。

Osx elcapitan start terminalapp

【参考】


ターミナルを起動したら、以下のコマンドをコピーしてターミナルへ貼り付け(ペースト)しましょう。

sudo /Applications/"Install OS X El Capitan.app"/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/ElCapitanInstaller --applicationpath /Applications/Install\ OS\ X\ El\ Capitan.app --nointeraction

以下のようにコマンドは改行を入れず入力し、「return」キーを押します。

Osx elcapitan terminal create usb

コマンドを実行すると、USB メモリ のデータ消去とフォーマット、そして USB 起動ディスクに必要な イメージをコピーして USB メモリ起動ディスクを作成してくれます。以下のように、コマンド実行後 "Erasing Disk:" から始まり、"Done." まで表示されれば USB 起動ディスクの完成です!

Osx elcapitan termina 02

あとがき

Yosemite のときは一度フォーマットして… ということをしていましたが、コマンド実行時にデータを消去しているのでそこは省き、もっとカンタンにできる手順としました。


万が一のために、時間があるときにサクッと作っておきましょうー




スポンサーリンク