27348873092 7289338a92 o

iPhone になくてはならないホームボタン。もう無意識に使っているレベルです。でも、ホームボタンの動作は個人に合わせてカスタマイズできたり、意外と知られていないことができたりするんです。


iPhone をさらに快適に操作するために、「ホームボタンの基本的な使い方」から「さらに快適に使う方法」までまとめてみましたので、ご紹介します。


【目次】

1. ホーム画面を表示する
2. 画面表示を半分下に移動させる
3. 長押しで Siri を呼び出す
4. ダブルクリックでアプリスイッチャーを使う 5. トリプルクリックを使う
6. クリックの速度を変える
7. フリーズ強制終了で使う


photo credit: Why is my icon there (・・?) via photopin (license)

スポンサーリンク

1. ホーム画面を表示する

こちらは説明不要ですかね。みなさん既に利用されていると思います。どんなアプリを開いていても、ホームボタンを 1回 クリックするとホーム画面に戻ります

Ios9 homebutton 01

また、ホーム画面でも 最初 (1ページ目) 以外の画面を見ていた場合は、ホームボタンをクリックすることで 最初 (1ページ目) の画面に移動します。


2. 画面表示を半分下に移動させる

iPhone 6 および iPhone 6s 限定の機能です。(Plus 機種も含む)   iPhone 6 から画面のサイズが大きくなったことで追加された機能です。


ホーム画面でも、アプリの画面を見ている状況でも、ホームボタンを ダブルタップ (2回連続でタップ。クリックではないので要注意!) すると画面表示が半分下に移動し、画面上部にあるアプリや、アプリ上部にあるメニューボタンやナビゲーションボタンをサクッとタップすることができるようになります。

Ios9 homebutton 02

これはかなり便利で、電車内で立って片手で操作しているシチュエーションなどで重宝し、わたしもかなり使っています。


3. 長押しで Siri を呼び出す

最近だと、「Hey! Siri! (ヘイ、シリ!)」と呼びかければ起動するようになりましたが、ホームボタンを長押しすることで Siri が起動します。

Ios9 homebutton siri

「Siri は全然使ってないんだよね〜」という方が多いと思いますが、少しずつ進化して使い勝手が良くなってきています。特に、以下のような使い方は iPhone を直接操作するよりも素早くできて便利ですよー

  • 「xx に電話」⇨ 電話する
  • 「3分たったら教えて」⇨ 3分後にタイマーが鳴る
  • 「明日の6時半に起こして」⇨ 明日の6時半にアラームが鳴る


4. ダブルクリックでアプリスイッチャーを使う

これも利用されている方は多いですよね。ホームボタンをダブルクリックすると、起動中のアプリが複数表示される画面になります。

Ios9 homebutton double click

この画面からは、以下のことができます。

  • 使うアプリを選択して変更する
  • 起動中のアプリを終了させる

アプリの終了について、以前はバッテリー消費を抑えるために必要とされていましたが、最近その必要はないとニュースになりました。ですので、使う機会は減ってますかねぇ。

【参考】



5. トリプルクリックを使う

さー、ここら辺から「えっ、そんな機能もあるの?!」的なものをご紹介できればと。まずは、ホームボタンのトリプルクリックです。


デフォルトでは、ホームボタンをトリプルクリック (3回連続押し) しても何も動作しません。設定することで、トリプルクリック時にどのような動作をするか決めることができます。


設定するには、「設定」アプリから「一般」⇨「アクセシビリティ」をタップします。

Ios9 general accessibility

次の画面で一番下にある「ショートカット」をタップします。ここで表示される一覧から選択することで、その機能をホームボタンのトリプルクリックで呼び出すことができます。

Ios9 homebutton triple tap 01

iOS 9 で使える機能は以下 6つです。

機能名 動作
VoiceOver 操作を読み上げてくれます。画面が見えなくても操作することができます。
色を反転 背景が黒色基調になります。
グレイスケール 画面が白黒表示になります。カラー表示ではなくなります。
ズーム機能 虫メガネを使ったみたいに、一部を拡大表示できます。
スイッチコントロール iPhone に触れずに頭を右に振ったりすることで、一部の機能を操作できます。
AssistiveTouch ホームボタンを使わずに、色んな iPhone の操作ができます。


Ios9 homebutton triple tap 02

本サイトでも過去に紹介した昨日はりますが、それぞれの機能の詳細は割愛します。機能名で検索すれば、色んな紹介記事がありますので参考にしてみてください。

【参考 - AssistiveTouch】



一通り機能は使ったことありますが、正直普段使う上で便利と思ったものはないですね...   逆に、ダブルクリックしようとしてトリプルクリックになっちゃって、要らんのに機能がでてきたりとかでメンドくさかったです...


6. クリックの速度を変える

「クリックの速度を変える」というのは、パソコンで使うマウスでは良くある設定ですよね。ダブルクリックのときに、反応するクリック間隔を遅くしたり速くしたりする設定です。


あの設定が、iPhone のホームボタンでもできます!  クリック間隔をもっと遅くしたいというときに設定できます。


設定を変えるには、「設定」アプリから「一般」⇨「アクセシビリティ」⇨「ホームボタン」をタップします。

Ios9 homebutton double click speedo

『クリックの間隔』で、以下 3つの設定があります。試しながら、好みに合わせて設定しましょう。(デフォルトより速い設定にはできませんので悪しからず)

  • デフォルト
  • 遅く
  • もっと遅く

Ios9 homebutton double clidk speedo 2

7. フリーズ強制終了で使う

最後のご紹介です。これが結構覚えておくと便利です。アプリでも、iPhone 全体でも、画面が固まって (フリーズして) 動かなくなったときに使えます。


対処するときは電源ボタンとの合わせ技で使います。フリーズしたときは、以下の順番で対応してみてください。

  1. 「電源ボタン長押し」⇨「ホームボタン長押し」
  2. 「電源ボタンとホームボタンを同時長押し」

【参考】


あとがき

既に知っている機能が多いと思いますが、結構まとめるとあるもんですね。最後にホームボタンのできること一覧表を載せますので、ガンガン使い倒していきましょうー


ホームボタンの操作 機能
ワンクリック
ダブルタップ 画面表示を半分下に移動
長押し Siri 呼び出し
ダブルクリック アプリスイッチャー呼び出し
トリプルクリック *設定にて呼び出し機能を選択
電源ボタンと合わせて長押し 動作フリーズからの解除


スポンサーリンク