Desk 601540 1920

Apple 製品を iPhone で初めて購入したという方は多いと思います。でもその後、「iPad もほしい」「Mac もほしい」と思っていませんか? そして、どのような組み合わせでそれぞれ買えば良いか迷っていないでしょうか?


Mac も MacBook Pro / MacBook Air / MacBook / iMac / iMac Pro と数多くの種類があります。iPad も普通の iPad と iPad Pro があり、iPhone だって普通のと Plus や X がありますし...


この記事では、あなたのライフスタイルに合わせて Mac・iPad・iPhone をどのような組み合わせで持てば良いかをご紹介します。わたしは手放したものもありますが、iMac・MacBook・iPad・iPad mini など、iPhone も SE から Plus まで持っていますから、実体験も踏まえてお届けしていきます!


どこでも利用したい【ノマドタイプ】は MacBook Pro 13インチ / iPad mini / iPhone SE

まずは、Apple 製品を喫茶店や旅行などに常に持ち歩き、どこでも仕事や趣味に使いたい【ノマドタイプ】です。


このような方は軽さ重視です。Apple製品が重いようでは、あなたの行動を妨げてしまいます。そこで、以下の3製品をオススメします。


MacBook Pro 13インチ

旗艦となる Mac 製品は、MacBook Pro 13インチです。軽さを重視しつつ、それなりにパワフルなので仕事や趣味にガッツリ使うことができます。喫茶店などの外出先で使っても大きくて扱いに困るということもありません。


長く使う方は、Apple公式サイト のカスタマイズで、「一番良い性能のプロセッサ」と「メモリは 16GB以上」の選択をオススメします。ただし、動画の編集をガリガリする方はそれでも少しパワー不足を感じる可能性があります。その場合は MacBook Pro 15インチを検討してください。


iPad mini

iPad は正直なところ、普通の iPad か iPad mini かを悩むところです。「iPad は閲覧中心に使う」ということであれば iPad mini で十分です。大きさの使い勝手も最高です。

【参考】




閲覧だけでなく、「Apple Pencil でメモや絵描きに使いたい」とか「キーボードを時々つなげて入力したい」という方は iPad mini 4 ではパワー不足です。その場合は「9.7インチ iPad」または「10.5インチ iPad Pro」を選択しましょう。


iPhone SE

iPhone SE は iPhone の中でも最軽量です。持ち歩くときの重さをそれほど感じさせません。もし、あなたがアウトドアをしていたり、移動は主に自転車を使っているというようなアクティブ系・スポーツ系であれば、なおさら iPhone SE はぴったりの選択になるでしょう。

【参考】




ただし、その軽さを犠牲にして画面の大きさはそれほどではありませんので、閲覧中心の使い勝手が良いとまでは言えません。閲覧は iPad mini 中心にするか、iPhone でもある程度快適に閲覧したいということであれば、4.7インチの普通の iPhone のほうが良いです。


自宅が中心の【引きこもりタイプ】は iMac / iPad Pro / iPhone X

基本的に Mac や iPhone の操作はほとんど自宅ですという【引きこもりタイプ】です。ライターやクリエイターで自宅を仕事場にしている方も該当します。


このような方は、あるときはゆったりと、あるときはガッツリと大画面で快適に操作できることを考え、以下の3製品をオススメします。


Retina 5K 27インチ iMac

27インチの iMac は快適です。その画面の大きさは、複数のウェブサイトを閲覧しながら物書きをしたり、複数のアプリを立ち上げて動画や画像の作成・編集をしたりということに最適です。自宅で快適に Mac を利用したければ、迷わず 27インチ iMac を購入しましょう。


動画編集をガッツリするなどさらにパワフルなマシンが必要であり、かつお金に余裕があれば iMac Pro も検討しましょう。最高のパフォーマンスを発揮します。


12.9インチ iPad Pro

iPad も大画面の 12.9インチ iPad Pro を選択すれば、絵描き・物書きのデバイスとして最高のパフォーマンスを発揮できます。Apple Pencil も忘れずに使いましょう。


「iPad はそれほど入力デバイスとして利用しない」ということであれば、9.7インチ iPad をセカンドディスプレイとして利用するのもアリです。


iPhone X

iPhone も iPhone の中で一番画面サイズが大きい iPhone X を選択します。ちょっと席から離れてトイレに行くときや、少しくつろいでいるときも iPhone X であればゆったり大きい画面で情報を確認することができます。


iPhone のゲームが中心【ゲーム大好きタイプ】は MacBook / 9.7インチ iPad / iPhone Plus

次に、iPhone をゲーム中心に使っている【ゲーム大好きタイプ】の人です。いかに iPhone のゲームを快適に利用できるかを考えて、以下3製品をオススメします。


iPhone Plus

ゲームはできるだけ大画面のほうが快適に操作できます。iPhone は iPhone Plus を選びましょう。


これが iPad や iPad mini になると、逆に画面が大きすぎたり解像度が粗くなったりでゲームには向かなくなります。また、iPhone X ではまだ画面サイズに対応していないゲームアプリもあります。ゲームに最適な iPhone は iPhone Plus 一択です。


9.7インチ iPad

iPhone Plus はその画面の大きさから、ウェブサイトを見たりする快適さはそこそこあります。ですので、iPad はさらに快適さを持って閲覧することができる 9.7インチ以上の iPad を選びましょう。iPad mini ぐらいの大きさだと、「iPhone Plus でいっか」となり使わなくなってしまいます。


MacBook

iPhone 中心で普段それほどパソコンを利用しなければ、Mac は「何かあったときにそこそこ使えるもの」で十分です。コスパの良い MacBook を選びましょう。


iPhone での通話やLINEが中心【コミュニケーション大好きタイプ】は MacBook / iPad mini / iPhone

最後に、iPhone を通話や LINE, Twitter, Instagram など、知り合いや友人とコミュニケーションを取るために使っている【コミュニケーション大好きタイプ】です。使い勝手と快適さを兼ね備える以下の3製品をオススメします。


iPhone

iPhone は普通の 4.7インチサイズの iPhone です。大きさもそこそこ、操作性も快適でバランスが取れています。サッと取り出し、サクッと使える iPhone を普段使いで利用しましょう。


iPad mini

ここで、iPad mini の登場です。既に4年近く新しい製品がリリースされておりませんが、その片手で持てる絶妙な大きさ・軽さとウェブ閲覧とYouTube閲覧の快適さは他の何物にも代えがたいものがあります。


【参考】



「ゆっくりウェブサイトや動画を見たいけど、iPhone だと少し画面が小さい」というときに iPad mini は最適です。電車の移動中や自宅でくつろいでいるときなどは iPad mini を利用します。


MacBook

前の【ゲーム大好きタイプ】で紹介した理由と同じです。iPhone あるいは iPad 中心で普段それほどパソコンを利用しなければ、Mac はコスパの良い MacBook で十分です。


Mac と iPad の購入は Apple公式ストアで

iPhone は docomo, softBank, au など利用しているキャリアのストアで購入することが多いでしょう。しかし、iPad や Mac は Apple公式サイト で用途別にカスタマイズをして購入することをオススメします。


また新品であるこだわりがなければ、Appleの品質保証付きである Apple整備済製品 での購入をオススメします。新品同様の Apple製品を、安くかつ保証ありで購入することができます。



ここまで、Apple製品を揃えるときの組み合わせをご紹介していきました。何を揃えるか、こういうのって考えるだけでワクワクするんですよね。それで、あれもこれもと購入の沼にハマっていくという...


ぜひここでご紹介した組み合わせを参考に、あなたの最適な Mac・iPad・iPhone を探してみてください。一緒に Apple製品を使い倒していきましょう!






スポンサーリンク